分类
适合初学者和专业人士

各入金方法を比較する際のポイント

アイテムマッチを攻略!広告仕様や運用方法を解説

アイテムマッチを攻略!広告仕様や運用方法を解説

【この記事のポイント】

  • アイテムマッチの特徴や仕様が理解できる
  • アイテムマッチの出稿方法がわかる
  • 具体的な運用方法の参考がある

アイテムマッチとは

ストアマッチ管理画面

アイテムマッチ表示面

アイテムマッチクリック料金

また、アイテムマッチにはクリック費用以外に「月次予算」か「日次予算」を設定する必要があり、月または1日の最大の広告費用を設定する事が可能です。なお、予算設定は月次予算 or 日次予算なのでどちらか一方のみしか利用が出来ません。

アイテムマッチの特徴

アイテムマッチの設定方法

  • オートチャージによる入金
  • 前回と同じカードからの入金
  • 新たにクレジットカード情報を入力して入金
  • PayPay銀行振り込みによる入金

アイテムマッチ日次予算

■全品指定価格入札
販売中の全商品に対して設定したクリック料金(CPC:Cost Per Click)を適用する方法となります。設定方法はアイテムマッチ管理画面の「アイテムマッチ」>「全品指定価格入札」にて「1クリックあたりの入札金額」を設定すると配信が開始されます。

アイテムマッチ全品指定価格入札

アイテムマッチ個別入札

アイテムマッチ全品お任せ

ブースト設定

アイテムマッチ一括入札

アイテムマッチのレポート仕様

こちらのレポートには、利用した広告費に対しての売り上げで広告を評価するROAS(Return On 各入金方法を比較する際のポイント Advertising Spend)という計算方法が用いられ、クリックから720時間以内の購入がROASに含まれています。

※例
商品A:1,000円(広告掲載商品)→店舗内回遊→商品B:2,000円(除外商品)→購入 レポート結果:商品Aの広告経由売り上げ2,000円

アイテムマッチ運用のポイント

表示のコントロール

>ブースト設定

広告効果の評価

店舗内の基準

アイテムマッチのまとめ

■費用面
料金はクリックされてから発生するクリック課金型
クリック単価(CPC)は店舗全商品、または商品ごとにも設定可能
商品別のCPC設定はカテゴリー内の入札金額上位8商品に設定される
商品CPCは最低10円~15円
商品の除外設定は不可

■仕様面
検索キーワードの指定は不可、商品ページ内のテキスト情報も影響範囲
広告効果はレポートでいつでも確認が可能
広告効果を評価は店舗ごとの基準を設定し判断する
レポートは掲載商品以外の売り上げも含まれる
商品別レポートは表示されないこともある

Shopifyの相談は、国内3社目の「Shopify Experts」に認定されたコマースメディアへ

コマースメディア株式会社

コマースメディア株式会社

お問い合わせフォーム

大変恐れ入りますが、 現在多数のお問い合わせをいただいている関係で、2020年内のご依頼は承ることができません。 予めご了承くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

学会研修会

img01

18歳未満の身体障害児の中でも脳性麻痺は25%であり、小児領域において脳性麻痺のお子さんを担当する機会は非常に多くあります。また、障害児を在宅で見る機会が多くなっており、小児領域に勤めていなくても、訪問などでリハビリを担当することもあるでしょう。
ですが、多くの療法士が脳性麻痺児を担当する際、どう触れていけばいいのか?そもそもリスクは何か?何を目標にしていけばいいのか?など、実際の介入やリハビリ方針の立案が難しく、ご家族様へのご説明にも苦労しています。
今回の講義では、脳性麻痺の分類からそれに対する評価方法、目標設定、家族との関わり方でのポイントを学ぶことができます。


<開催日時 ZOOMオンライン開催>
【小児整形外科医 多和田Dr. 特別セミナー!】
何から始める?脳性麻痺児のリハビリテーション ~評価と目標設定・家族とのコミュニケーションのコツ~
2022年10月26日水曜日 20:00~21:00

実際臨床で、
・子供の成長にあわせた介入がわからない
・方針の立て方に悩む。
・どこをゴールにしていいのかわからない。
・そもそも触り方から不安でどうしたら良いか分からない。

具体的には、病型別で期待できる運動機能・知的能力の基礎知識を持つことです。
この知識を持つことで
・痙直型両麻痺の運動機能はどこまで望める?将来どんなことが起きる?
・痙直型四肢麻痺児のリハビリの目標は?
・不随意運動型の知的能力は?
・失調型の運動機能はどこまで変化する?

【小児整形外科医 多和田Dr. 特別セミナー!】
何から始める?脳性麻痺児のリハビリテーション ~評価と目標設定・家族とのコミュニケーションのコツ~

脳性麻痺児のリハビリテーションを行う上で、知っておくべき考え方
脳性麻痺の原因・定義と分類
適切な時期に適切な介入をするための基礎知識
患者様と保護者の信頼を得るために~まず何から始める?~

・小児リハは何をしたら良いか分からない
・特有のリスクの対象が分からない
・何を目標にしたら良いのか自信がない
・そもそも小児の触れ方が分からない

脳性麻痺児のリハビリテーションを行う上で、知っておくべき考え方
脳性麻痺の原因・定義と分類
適切な時期に適切な介入をするための基礎知識
患者様と保護者の信頼を得るために~まず何から始める?~


■講師
多和田先生身体の障がい児スマートケア実践塾主催
医療法人TRCたわだリハビリクリニック 理事長
日本整形外科学学会専門医
日本リハビリテーション医学会専門医
医学博士 多和田忍

原著
「アテトーゼ型脳性麻痺に伴う頚髄症のMRI所見-電気生理学的検討を加えて-」(多和田忍、河合憲一、間渕陽子、小川鉄男、万歳登茂子、松井宣夫)、脊椎脊髄ジャーナル 13 No.11 2000年11月25日発行 三輪書店
「アテトーゼ型脳性麻痺に伴う頚髄症・頚椎症性神経根症と生活環境との検討-」頸椎MRI、電気生理学的検査-(多和田忍)、名古屋市立大学医学会雑誌 第52巻 第3号 平成13年8月
「ダウン症における足部変形-外反扁平足と第1中足骨内反、外反母趾について-」(多和田忍、和田郁雄) 靴の医学 15 No.2 2001年
「脳性麻痺患者に対するソルボセイン製足底板入り短下肢装具の使用経験」 (多和田忍、和田郁雄、石井要)、東海足と靴の研究会誌 2 2005年10月
「小児外反扁平足に対する治療効果」 (多和田忍) 靴の医学 vol.19 No.2 2005年
・「小児外反扁平足に対する治療効果-ダウン症児と非ダウン症児の比較検討-」(多和田忍、和田郁雄、石井要) 日本小児整形外科学会雑誌 15 No.2 2006年 特集「小児の歩容異常に対する足底装具療法」
・「歩容異常と足底挿板」 (多和田忍、和田郁雄、内田俊彦) 運動療法と物理療法 19 No.1 2008年
「小児の歩容異常に対するDYMOCO療法の試み」 (多和田忍、内田俊彦、佐々木克則) 靴の医学 22 No.2 2008年 特集
「今、あらためて診るダウン症-知的・運動発達障害とリハビリテーション」「ダウン症と運動発達」 (多和田忍) Journal of Clinical Rehabilitation vol.20 No.6 2011年
「ロングカウンター入り室内履きの開発」 (多和田忍、堀尾順、松本実生) 靴の医学27 No.2 2013年
「地域医療の最前線!リハ科クリニック7days」Clinical Rehabilitation 2016 3

主催 一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会 開催日時 2022年10月26日水曜日 20:00~21:00

*質疑応答とアンケート回答の時間を含みます。終了時間は余裕を持ってご参加ください。
*受講者には当日の収録動画を、1週間後からご視聴いただけるように配信いたします。(1ヶ月限定)
当日の参加が難しい場合もご安心ください。